スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「京都老人福祉学会」プレ発表
2014 / 11 / 14 ( Fri )
11月28日の京都老人福祉学会に向けて、当日発表する3事例のプレ発表会を行いました。
プレですから、リハーサルを行い、職員から意見、質問をもらい、発表する内容にさらに磨きをかけようという企画です。

20141113.jpg

トップバッターは舞鶴市南デイサービスの安井ワーカと比嘉PT
テーマは「その方らしい生活支援~オムツ内全介助からトイレ自立までの関わり~」

続いて、特別養護老人ホームやすらぎ苑の小川PTからは
「特養におけるリハビリテーションの実際~ポジショニング・シーティングによる摂食支援」

最期は、小規模多機能オンブラージュ矢之助の渡辺ライフアドバイザーから
「大樹会認知症在宅サポートプロジェクト 地域で支える~住民参加型認知症カフェの取り組み~」

と順に発表されました。

発表ごとに職員から、

さっきの言葉はどういう意味?伝わらないよ
もっとここを強く伝えたほうがいいんじゃない?
この取り組みでご利用者はどう変わったの?
など、発表する側も聞く側も、この発表を通じて考える機会となりました。

日ごろそれぞれの事業所で、相談、介護の活動している私たちですが、
一度立ち止まって自分の活動、ご利用者の生活を振り返ることはとても重要だと再確認しました。

また、それをわかりやすく、見やすく、伝える、という事もとても難しいと分かりました。

ですが、とても大切な時間です。

大樹会では日ごろの活動、成果を研究し、発表する機会をもっともっと増やそうと思います。
発表する3事例は今回のプレ発表を通じてさらに質の高い発表内容になり、当日たくさんの仲間に成果を伝えることができるでしょう。

がんばれ!
スポンサーサイト
11 : 43 : 09 | 法人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<やすらぎ苑模擬店 | ホーム | ワークライフバランス認証企業>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://daijukai.blog135.fc2.com/tb.php/211-9d3a33bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。